からくりサーカス アニメ

からくりサーカスがアニメ化だと(゜o゜)

10月11日からだってよ。
なんと、しろがねの声優は、林原めぐみさんヽ(^。^)ノ


ちゃんと、はしょらずに最後まで放送してほしい。

あの壮大なる大河ロマンが、最後まできっちり放送されるとなると、
1クールでは当然足りないのだが。

どうなるんだろうね。


公式サイトはこちらね^^

↓↓↓↓

TVアニメ「からくりサーカス」公式サイト https://karakuri-anime.com/common/img/loading/makuLeft.jpg



応援クリック、お願いします<(_ _)>ペコリ
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チベット・ウイグル問題

今日(2018年9月19日)の虎ノ門ニュース、ヤバス。

ウイグル問題を詳しく放送していました。

中国による、ナチスドイツのアウシュビッツを超える非人道的行為を知り、
身震いしました。

詳しくは是非、放送を見てください。
↓↓↓↓
(20) 【DHC】9/19(水) 井上和彦×藤井厳喜×トゥール・ムハメット×居島一平【虎ノ門ニュース】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=EwcmG4VdI14



中国、中国共産党、許せん。

日本政府も毅然とした行動をとってくれ。
言うべきことだろ、言ってくれ。

日本企業、中国から撤退せよ。
あの国にお金や技術を落としてはいけない。

やい、日本の大マスコミ。
お前らなぜこれを報道しない。
なに忖度してんだよ。
この問題をちゃんと報道しないとなると、
これはもう中国の悪事に加担してるのと同じだからな。

今ここで俺が言ったからな。
今後はちゃんとチベット・ウイグル問題を詳細に報道しろよ。
いいな。

報道しなかったら、お前らマスコミは悪魔だからな。


応援クリック、お願いします<(_ _)>ペコリ
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アレルギーは子供に遺伝しません

芸人の狩野英孝さんが、アレルギーが遺伝するかもしれないので、
子供を授かることにためらっているという記事を見ました。

私もアトピーなので色々調べていて知識があるので、
アレルギー遺伝について、この場で述べようと思います。

結論から言って、親から子にアレルギーは遺伝しません。
ですので、英孝さんやアレルギーの方、ご安心ください。

逆に、親にアレルギーがなくても子にアレルギー症状がでることもありますので、
結局、すべての人が子のアレルギー発症に気を付ける必要があります。


では、自分の子供がアトピー性皮膚炎、喘息、花粉症などのアレルギーにならないためには何をしたらいいのでしょうか。


やることは大きく3つあります。

①エンドトキシンが多い環境に身を置くこと
②アレルゲンを口から取り込むこと
③アレルゲンを身体(傷口)から摂取しないこと



①エンドトキシンが多い環境に身を置くこと

エンドトキシンとは、動物のフンに含まれる物質です。

これを子供が0~1歳の間に多く体内に取り込むことで、
免疫の型がアレルギーを引き起こさない型に確定します。

(1歳までと言われていますが、3歳位まで効果があるとも言われていますので、
 1歳のお子様をお持ちの親御さんもあきらめずにチャレンジしてみてください)

アメリカで先住民の暮らしを守り続けるアーミッシュとよばれる人々は、
家畜のフンに含まれるエンドトキシンが身近にあるので、アレルギー疾患のある方は極端に少なくなります。
同様に、家畜のフンを生活に利用して暮らす遊牧民にもアレルギー疾患はほぼありません。

エンドトキシンは目に見えない細かい物質で、空気中を漂いますので、
息を吸えば自然に体内に入ります。

(動物のフンに近づいて息を吸う必要はありませんw)

また、衣類にくっつくので、家に帰ればエンドトキシンを自然と持ち込むことになります。

ですので、家畜を飼っている家では子供がエンドトキシンを取り込みやすい環境にあり、
結果としてアレルギーにならない身体になります。


親が子にできる事は、子供を連れて牧場や動物園を訪れることです。
もし馬小屋や牛小屋に行けるのであれば、ぜひ利用してください。
そこにはエンドトキシンが多く確実に存在します。

注意点として、エンドトキシンはアレルゲンでもありますので、
すでにアレルギーの大人の方は、マスクなどの対策をするか、
祖父母などの信頼できる方に子供を連れて行ってもらうことになります。

また、0歳の子供は免疫の型が確定していないため、
アトピーなどのアレルギー疾患が出ることは普通にあります。
その場合は医師とよく相談の上でエンドトキシンに触れさせてください。

アレルギーとはいえ、エンドトキシンに全く触れさせないとなると、
アレルギーになりやすい免疫の型に確定してしまいますので、
それは避けたいところです。


もう一つ、アレルギーの成人の場合でも家畜に触れる生活を3年位続けると、
アレルギーを克服できる場合があるそうです。

となると、花粉症の方の場合、花粉の飛ばない沖縄で、牧場勤務。
これがベストな職業選択かもしれません。
なかなか実践は難しいかもですがw



②アレルゲンを口から取り込むこと

アレルゲンになる可能性のある食物、小麦、玉子、大豆、魚、肉、乳製品など、
これらは口から体内に取り込むことで身体に有害ではない物質だと免疫が認識するので、
認識後は免疫がこれらを攻撃することはありません。

しかし、身体の傷口に触れた場合、免疫はこれらを有害な物質だと認識し、
それからは口から体内に取り込んだ場合でも免疫は攻撃を開始します。
結果として身体にアレルギー症状を引き起こします。


食物の摂取の仕方ですが、妊娠中から気を付けなければなりません。
母体を通じて胎児に渡る食物、これによって、胎児は母体が摂取した食物のアレルギーには極めてなりにくくなります。
ですので、なるべく多くの種類の食物を妊娠中に摂取しておくことが大切になります。


次に、赤ちゃんが生まれてからです。

お母さんはなるべく多くの食物を摂取し、母乳を赤ちゃんに与えてください。
これで母乳から食物アレルギー対策ができます。

逆に、妊娠中、授乳中に偏った食事をしていた場合、
赤ちゃんが多くの食物アレルギーになってしまったという事例が報告されています。



③アレルゲンを身体(傷口)から摂取しないこと

赤ちゃんの身体は乾燥しやすいので、生まれてから半年ほどは保湿を欠かさないことが推奨されています。
これで、アトピー性皮膚炎の発症率がかなり抑えられるそうです。

身体を乾燥から守ることによって身体に細かい傷や湿疹ができることを防ぎ、
誤って食品が赤ちゃんの身体にかかることがあっても防ぐことができます。

保湿におすすめのは、ホホバオイルです。
人体の皮脂に極めて近い成分なので、安心して使用できます。
無添加・無農薬(オーガニック)の物をお選びください。

因みに、私が使用しているホホバオイルはこちらです
↓↓↓↓




赤ちゃんに傷や湿疹ができてしまった場合は、
ガーゼや包帯でしっかりガードし、食品や金属が触れないようにしましょう。


因みに、傷口からアレルギー疾患になる可能性は、大人にもあります。
髭の剃り跡にフルーツの汁がかかり、アレルギーになるケースがあります。

以前、茶のしずくという石けんのユーザーが、小麦アレルギーになるという事故がありました。
原因は、原材料にナノレベルにまで分解した小麦を使用していたためです。
極小のナノレベルのため、皮膚を通過して体内に取り込まれてしまい、
多くの被害患者を出してしまうという結果になってしまいました。

ですので、大人でも注意が必要です。
口回りの傷のケア、手に傷があるときの料理、ベルトのバックルなどの衣類の金属。
普段の生活の中に、アレルギーの原因はいくらでもあります。


以上です。


狩野英孝さんの場合はお母様がエビアレルギーなので、
妊娠中・授乳中にエビを食べることはなく、
それで英孝さんもエビアレルギーになってしまったと考えられます。

また、お母様の食生活は偏食ではないかと推測できます。
エビの他にも、食べることのなかったアレルゲン食品があったのではないのでしょうか。
妊婦さんが食べる食品の種類が少ないほど、生まれた子供がより多くの食品アレルギーになることがわかっています。


私は医者でも専門家でもありませんが、どうして英孝さんをはじめ、多くの人に知ってもらいたいと思い、書きました。

責任は持てませんが、書いた内容に間違いはないと思います。

ここまで読んでくださった方、他のサイトや書籍も参考にして、
今後生まれてくる子供たちをアレルギーにしないであげてください。

私の苦しみ、他の人に味わってほしくないです。




応援クリック、お願いします<(_ _)>ペコリ
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク